ウエスト・サイド物語 (1961)

ブロードウェイ・ミュージカルの70ミリによる映画化。「ロミオとジュリエット」を現代化したラブロマンスを縦系にして現代の青春悲劇をリアルに描いた作品。原作は「旅情」の作者アーサー・ローレンツ。脚色をアーネスト・リーマンが担当した。監督はロバート・ワイズと振付も兼ねているジェローム・ロビンスの共同。撮影はダニエル・L・ファップ。音楽はレナード・バーンスタイン。製作はロバート・ワイズ。

監督:ロバート・ワイズ
出演:ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ラス・タンブリン、リタ・モレノ、ジョージ・チャキリス

amazon : ウエスト・サイド物語 (1961)

prime video : ウエスト・サイド物語 (1961)

U-NEXT : ウエスト・サイド物語 (1961)

・YouTube : ウエスト・サイド物語 (1961)

ウエスト・サイド物語 (1961)のあらすじ

ジェット団(白人系)とシャーク団(プエルトリコ系)はニューヨークのウェスト・サイドに巣くう対立する不良少年のグループである。きっかけさえあれば今にも爆発しそうな空気のなかでのダンスパーティーそこで一目で愛し合うようになった二人、マリア(ナタリー・ウッド)はシャーク団の首領ベルナルド(ジョージ・チャキリス)の妹であり、トニー(リチャード・ベイマー)はジェット団の首領リフ(ラス・タンブリン)の親友だった。しかし、ジェット団とシャーク団はついにぶつかってしまった。マリアの必死の願いにトニーは両者の間に飛びこんで行ったが、血気にはやる彼らはトニーの言葉に耳をかそうとしなかった。そしてリフはベルナルドに刺されて死んだ。親友リフの死に我を忘れたトニーはベルナルドを殺してしまった。ベルナルドの恋人アニタ(リタ・モレノ)に責められてもトニーを忘れられないマリアは、トニーの高飛びに同意する。シャーク団のひとりチノはベルナルドの仇を打とうとトニーをつけ狙い、警察の手ものびてくる。アニタはマリアの愛の深さを知り、トニーと連絡をとるために街へ出ていくがジェット団に倒された怒りからマリアはチノに殺されたと言ってしまう。絶望して夜の町へ飛び出したトニーの前へ拳銃を構えたチノが現れた。急を聞いて来たマリアの腕の中で、トニーは絶命した。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Grease (1978) : グリース

  2. Moulin Rouge! (2001) : ムーラン・ルージュ

  3. ウエスト・サイド・ストーリー (2020)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。