Moulin Rouge! (2001) : ムーラン・ルージュ

バズ・ラーマン監督が贈るニコール・キッドマンとユアン・マクレガー共演で描いたミュージカル。豪華絢爛な映像と珠玉の音楽を収めたスペクタクル・エンターテイメント!
監督:バズ・ラーマン
キャスト:ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー
・ amazon : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ amazon prime : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ Netflix : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ Hulu : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ U-NEXT : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ dTV : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ GYAO : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ
・ Youtube : Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュ

Moulin Rouge! (2001) / ムーラン・ルージュのあらすじ

パリ、1900年。作家を目指してモンマルトルにやってきた青年クリスチャン(ユアン・マクレガー)は、ショーの台本を代理で担当することになったナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」の高級娼婦サティーン(ニコール・キッドマン)に恋をする。女優になるためにパトロンを探していたサティーンは、クリスチャンを公爵だと勘違いしてベッドに誘い込もうとするが、詩を口ずさむ彼に本気で恋してしまう。クリスチャンが貧乏作家だと知っても、もはや恋の炎は消えなかった。作家と女優の関係を装いつつ愛し合う二人だったが、ムーラン・ルージュのオーナーのジドラー(ジム・ブロードベント)にキスの現場を見られてしまい、サティーンは資産家の公爵(リチャード・ロクスボロウ)のもとへ行くように命じられる。やがて公爵がクリスチャンに激怒。さらに結核で自分の死期が近いことを知ったサティーンは、クリスチャンと別れることを決意する。しかしムーラン・ルージュの舞台で芝居と現実がシンクロしていく中、二人の愛は再び燃え上がった。まもなくサティーンは亡くなり、クリスチャンは心から愛した女の物語をタイプライターで書きはじめるのだった。

<キャスト&スタッフ>
サティーン…ニコール・キッドマン(鈴木ほのか)
クリスチャン…ユアン・マクレガー(宮本充)
トゥールーズ・ロートレック…ジョン・レグイザモ(家中宏)
公爵…リチャード・ロクスボロウ(山路和弘)

監督・製作・脚本:バズ・ラーマン
製作:マーティン・ブラウン/フレッド・バロン
脚本:クレイグ・ピアース
衣裳デザイン:キャサリン・マーティン/アンガス・ストラティー
音楽:クレイグ・アームストロング/マリウス・デ・ブリーズ/スティーブ・ヒッチコック

  • コメント: 0

関連記事

  1. Grease (1978) / グリース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。